GX推進

GX推進

「地球にやさしいでんき」とは?脱炭素経営を考えている企業におすすめのプラン

2022.07.30

当社を含むフォーバルグループ各社は、国内すべての企業が環境に配慮した経営を実現できるよう、様々なサービスを提供しています。具体的なフォーバルグループの取り組みについては、下記動画をご覧ください。

フォーバルグループの一つ、株式会社フォーバルテレコムは「IP&モバイルソリューション」「セキュリティコンサルティング」「業務支援ソリューション」「ユーティリティ・ビジネス」の4事業を展開しています。

そのなかで「ユーティリティ・ビジネス」の一事業として、Elenova(エレノバ)と呼ばれる新電力サービスを展開しています。

Elenovaには様々な電力プランが用意されていますが、『2050年脱炭素社会の実現』に向けた取り組みの一環として、J-クレジットを活用し、環境に配慮したプラン「地球にやさしいでんき」の提供を2021年から開始しました。

この記事では、「地球にやさしいでんき」の概要や具体的な内容についてご紹介します。

「地球にやさしいでんき」とは

「地球にやさしいでんき」とは、GXやESG投資に取り組みたい企業向けの新電力プランです。環境への興味関心が強まっている現代社会においては、二酸化炭素排出量削減への取り組みが顧客や投資家からの評価アップに繋がります。逆に、取り組みが不十分な企業は企業価値毀損のリスクを抱えているとみなされてしまうケースもあるでしょう。

「地球にやさしいでんき」は、二酸化炭素を始めとした温室効果ガスの排出削減量や吸収量を『クレジット』として国が認証する制度である「J-クレジット」を用いた新電力プランであり、プランを変更するだけで二酸化炭素排出量が実質ゼロとなります。

大規模な施策を打たずとも、比較的簡単に環境問題に取り組める点が特徴です。

「地球にやさしいでんき」が持つメリット

「地球にやさしいでんき」が持つメリットは数多くありますが、大きなメリットは上述の通り二酸化炭素排出量が実質ゼロになることです。

具体的には、契約者が毎月500kWh(約13,000円)の電気を使うと、年間で約2,664Kgの二酸化炭素排出量が削減可能となります。この2,664Kgという量は「杉の木約190本分と同じ吸収量」に相当する効果があるため、これだけでも充分な環境貢献を果たせるといえるでしょう。

その他にも「簡単に手続きが終わる」「料金が各地域電力会社の標準的プランよりも安価」といったメリットを持っています。

電気から環境へのアプローチをしたい方におすすめ

フォーバルはTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)に、グループ各社もGXリーグに賛同しており、各社ともに日々環境への取り組みを強めています。

「まずは『電気』から環境貢献を果たしていきたい」と考えている方は、ぜひ「地球にやさしいでんき」をご検討ください。

また当社も、環境コンサルタントとしてお客様の現状に合わせた各種提案を進めてまいります。