GX推進

GX推進

脱炭素化社会に向けて「自家消費型太陽光」のニーズが拡大

2022.03.10

前回の『アップルツリーのGXコラム』では、「そもそもGXってなんなの?」との疑問にお答えして、GXの概要について解説をしてきました。

今回からは、アップルツリーがGXを促進するために手掛けている事業について複数回に渡って紹介をしていきます。今回取り上げるのは「自家消費型太陽光」です。

「会社として環境問題に取り組みたい」と考えている方や広い屋根を有している工場や商業施設のオーナー様はぜひ最後まで読んでみてください。

自家消費型太陽光の導入でGXを実現!

これまで太陽光発電という言葉は「投資」の意味合いを多く含んでいました。「固定買取制度」によって発電した電力の売電が、非常に高値で買い取られていたからです。

しかし、その買い取り価格も現在では大幅減少。また、電気代も高騰を続けています。そのような情勢のなかで需要を高めているのが「自家消費型太陽光」です。このシステムを導入することで、以下のメリットが得られます。

  • エネルギーコスト削減による利益増加
  • 環境貢献による企業価値上昇
  • 節税対策

特にGXへの取り組みが諸企業に求められている今、自家消費型太陽光を導入するだけで企業価値が高まり、脱炭素経営の大きな一歩となるでしょう。

エネルギーコスト削減による利益増加

工場や商業施設などで自家消費型太陽光を導入すれば、設備を動かすための電力を太陽光発電システムで発電した電気によってまかなうことが可能となります。電力会社から買う電気は必要最小限で済むため、大幅な電気代削減が見込まれるでしょう。節約した電気代をそのまま利益に回せる点は、財務上大きな利点です。

環境貢献による企業価値上昇

自家消費型太陽光を導入することによって、企業価値の上昇が見込まれます。環境対策、特に二酸化炭素排出量削減へ取り組む姿勢は、お客様や取引先、投資家からの評価アップに繋がります。さらには、CSR活動やESG投資といった点においても多大な効果を発揮するでしょう。

節税対策

中小企業を対象とした「中小企業経営強化税制」「中小企業投資促進税制」「生産性向上特別措置法」などの税制優遇を受けられる点も自家消費型太陽光を導入するメリットです。これらの制度を利用することにより、設備取得価格の初年度一括償却や税免除、減免措置などが受けられます。

自家消費型太陽光のお問い合わせはアップルツリーまで

地球温暖化防止が叫ばれている現代においては、「どのように環境問題に向き合っていくのか」が各企業に問われています。

このような時代の流れのなかで「自家消費型太陽光を導入することで、GXへの取り組みを始めたい」「節税対策の相談に乗ってほしい」とお考えの経営者様は、ぜひアップルツリーにお問い合わせください。

皆様のお考えや設置検討場所の詳細などをお伺いしながら、自家消費型太陽光導入提案を含めた環境コンサルティングをいたします。