アップルツリーは、地球温暖化などの環境・エネルギー問題への解決策として、
太陽光発電を代表格とする新エネルギーのインフラ普及を目指しています。
太陽光発電システムの他、オール電化、蓄電池、HEMS等のスマートグリッド商材の流通を通して、
人も地球も安心・安全で持続可能な暮らしを実現していきます。

事業スキーム

HEMSとは

HEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)は、エネルギー利用状況を表示したり、家電と連携することにより電気使用を制御することができます。家庭内の電気を賢く使うために活用する機器です。
日本の国家戦略の中に、2030年までに国内全世帯にHEMSを設置するという目標があります。
エネルギーの地産地消ができる未来を想定しており、エネルギーを管理するのが当然の時代となります。

太陽光発電システムとは

太陽の光のエネルギーを元に、太陽光パネルが生み出した電気を、家庭などで使用します。
太陽光発電は、発電時にCO2を排出せず、石油や石炭のように燃料が枯渇することがありません。
昼間の電気使用が少ない時間帯には太陽光発電で生み出した電気を電力会社に売ることができます。
太陽光発電システムを設置することで、光熱費を削減でき、非常時の電源としても活用できます。
技術の進歩や量産効果により、太陽光発電システムの単価が下がってきています。
また、国の環境戦略は、CO2の削減や再生可能エネルギーの普及を目的としており、今後も助成制度や補助金など、様々な形で国の支援が利用できるものと期待されています。

蓄電池とは

蓄電池は非常時に役立つことは勿論、夜間の安い深夜電力を充電し昼間に使用することで、電気料金を抑えることができます(※1)。また、太陽光発電システムと組み合わせることにより、今後電気料金が大幅に上がった場合でも、家庭の電力をまかなうことができます。

※1:電力プランの契約内容により異なります。

オール電化とは

オール電化機器とは「IHクッキングヒーター」と「エコキュート」のことを指します。
「IHクッキングヒーター」は火を利用することがないので、家の中の空気を汚さず、安心な暮らしができます。
「エコキュート」は空気の熱を取り込みながら省エネでお湯を沸かします。お湯の状態をリモコンで確認できるため、節水、節電ができます。
ガス料金体系と異なり、電気料金は時間帯やプランによって安くすることができます。加えて、オール電化にするとガスの基本料を払う必要がなくなるため、その分も節約することが可能です。

pageTop