日本の電力料金は世界一割高とも言われています。
アップルツリーは、割安な電力を提供することで、お客様のコスト削減に寄与するとともに、
再生可能エネルギー比率の高い電力を提供することで、
再生可能エネルギー、新エネルギーの普及、利用拡大に貢献いたします。

事業スキーム

電力自由化とは

2016年4月より一般家庭で使われる低圧電力の自由化がはじまりました。
今まで、どの電力会社から電力を購入するかは地域ごとに決められていましたが、
ここに多数の新規事業者(新電力:PPS)が参入することにより、自由に電力会社を選べるようになります。
電気事業に関する従来の規制をなくして大手電力会社の独占状態を変え、
電気の発電と小売りの自由競争を可能にするために進められてきた電気システムの改革を目的としています。
低圧電力が自由化される以前の2003年より特別高圧を使用する工場・施設等は自由化となり、
2004年4月には500kW以上、2005年からは500kW以下の「高圧」も対象となりました。

切り替えのメリット

多くの例で、電力会社を切り替えることにより電気料金は下がっています。
新電力に切り替えることで、5%以上のコスト削減を実現した会社もあります。
新電力の電力供給の仕組みは、これまでの電力会社のものと同じ。つまり同じ品質の電気です。
一般電気事業者と呼ばれる各大手電力会社は、発電所と送電設備(送電網)を所有しており、新電力はその送電網をそのまま利用しているため、電力供給の仕組みはこれまでと変わりません。

pageTop