楜澤-穴消し

社員紹介

厳しくも温かい環境、
意欲があれば成長機会は無限です

コーポレート本部 業務管理部 マネージャー  楜澤 茉美
2010年に新卒でアップルツリーへ入社し営業職として従事。
現在は受発注および各メーカー保証申請等を管理し、
基幹事業を縁の下の力持ちとして支える業務管理部のマネージャーとして活躍中。

アップルツリーに入社したきっかけ

アップルツリーには大学卒業後、新卒で入社をしました。就職活動では、人と接する職種、事業展開の核になる職種ということで営業職を希望しました。また会社選びのポイントとして、「ともに働く同僚」、「尊敬できる上司や経営者」という軸、そして人物本位の評価をいただけているか、という点を重要視しました。
SPIなどによる知識などではなく、その人が持つ人間性を重視し評価していただける、そんな会社で尊敬できる上司・経営者の下で仲間とともに切磋琢磨し成長したいと考えていました。当時のアップルツリーは面接回数が非常に多く、しかも最終面接では一緒に食事をしながら、という変わったスタイルでしたね(笑)。でもそれは、人間性や人となりを重視する会社を希望していた私の考えと合っていると感じ、入社を決意しました。

アップルツリーでの仕事

ある1日のスケジュール(クルミザワ) 入社後は営業職として従事していました。営業職の頃はビジネスマナーなどその後にも大きく活きる基礎をしっかりと教えてもらいました。正直、当時は厳しいと感じたこともありましたが、結果として、社会人の早い時期にしっかりと基礎を身につけられたことは良かったと今は思えます。当時は本当に厳しいと思ってましたけどね(笑)。その後、販管部門を強化することになり、営業サポート部門が立ち上げられることになった時、いろんな職種を経験して自身のスキルや知見を広げたいと思い応募しました。営業サポート部門での業務は営業職を通して得た知識や経験が活かせる部分も多く、バックオフィスの体制・業務フローなどの構築に貢献できたのではと思います。私個人としても、複数の職種を経験することで、自身の知見を広げることができ、得るものが大きかったですね。
現在は、営業職を支援する営業サポート機能と牽制機能を併せ持つ業務管理部でマネージャーをしています。
業務管理部の主な業務内容は受発注の管理で、当社のお客様(太陽光発電システム等を販売している販売店)からの受注・お申込書類を精査し、各メーカーへ発注・納期調整を行っています。アップルツリーでは、サポート職種でも常にお客様にとってのベストを考え、必要あればどんどん提案をするようにしています。また、お客様(販売店)からは納期など細かな変更をご相談いただくことが多々あります。そんな時、どうすればご要望にお応えできるか(=お客様の課題の解決)を考え、メーカーや仕入れ元への確認・交渉や、太陽光発電システム等の設備商材の保証申請手続きの代行など、お客様にとっての各種サポート窓口も担っています。

私個人は管理職として、部下のマネジメントを行いビジネスパーソンとしての個々のスキル向上をミッションとしています。目指すのは、メンバー1人1人がしっかりと力をつけ、お客様にとってのベストを常に考えお客様と当社営業スタッフをサポートできること、そんな組織を目指しています。
マネジメントを行う上では、常に実務の現場を知ること、現場の感覚を失わないこと、を心がけています。
的確な判断や指示を行うには、実務の現場で起きていくことを正しく把握・理解しなければならないと思います。ですので自身もプレイヤーの1人として実務を行い、その中で感じる点をメンバーと共有・検討することで、業務フローなどをより良く改善して行けると考えています。
理想とするのは、自身も現場に身を置いてメンバーとともに成長してゆくプレイングマネージャーですね。

アップルツリーの魅力

DSC02807_1 アップルツリーは良い意味で縛りが無いので、自分の意見・考えで自由に進めることが出来ます。前例や慣例にこだわらず、自分が良いと思えば、主体的に提案し自走することでどんどん仕事を任されます。また、職位に関係なく自由に意見を言い、より良い意見であれば採用される風通しの良い社風も魅力の1つですね。部署・職位の垣根はなく、社員同士のコミュニケーションが活発で困った時には気軽に相談できますし、協力を惜しまない温かみがあります。

今後の目標とこれから入社される方へ

DSC02728_1 今後の目標は、業務管理部のサポートにより、営業職がより純粋に営業活動にのみ専念できる体制を構築することです。営業職がお客様へのご提案やクロージングの他に手間を割いている細かな業務を業務管理部が担うことで、営業職が純粋にお客様への提案活動に専念できる、そんな体制・システムを構築したいと考えています。また管理職としては、スタッフ1人1人がビジネスパーソンとして、より高いレベル・クオリティの業務が行えるようビジネススキルも思考も成長してもらうことも目標の1つです。私個人の目標としては、現状にとどまらず常に新しいことを吸収し続けスキルアップし続けたいと考えています。業務のフローやオペレーションを考え構築することは自身の強みでもあると考えていて、今後は新規事業や新部門、新しい業務のフローやオペレーションの構築にもチャンスがあれば携わっていきたいですね。

これから入社される方には、型にはまらず主体性を持ってどんどん挑戦してもらいたいですね。先ほどお話した内容とも重複しますが、アップルツリーでは業務の進め方に縛りや慣例はありません。ですので、主体性を持って考え行動できる人、自分が主導し物事を進めたい人や挑戦したい人には、実現可能な良い環境だと思います。型にはまらず意見をどんどん出して積極的に行動することで、仕事にやりがいも感じられると思いますよ。
pageTop